1億2702万分の一(平成27年1月1日現在)
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

JASRACを叩いている人たちは、全員世間知らず

若かりし頃、モテたくてバンドをやってた皆川です。こんにちは。

モテませんでした。

それはさておき、最近ザワザワしている音楽業界。JASRACが音楽教室から著作権使用料を徴収する方針と発表したことを受けて、いろんな人たちが騒いでいます。

今回の件でよくわかったのは、「音楽やってる人たちがいかに世間知らずか」ということです。

音楽教室からの徴収が法的にどうなのか、それだけが問題です。

これが合法と判断されたとき、不服があるのであれば徴収の根拠となっている著作権法を変える努力をすべきです。


ところがアーティストって呼ばれるみなさん、みんな「JASRACが悪い!」の大合唱。及川眠子さんとか、宇多田ヒカルさんとか、松本人志さんとか。

宇多丸さんにいたっては「ヤクザ」とまで言っちゃってます。

宇多丸は「音楽人口を育てるための教室でしょ?」と音楽教室の存在意義を確認した上で、「子どもたちに音楽を教える場」からの徴収に「ぶっちゃけヤクザな手法ですよ!」と声を荒らげた。


RHYMESTERの宇多丸 著作権使用料めぐるJASRACの新方針に「ヤクザ」 - ライブドアニュース



正義感で発言してるんだろうけど、番組的においしいとも思ってるんだろうけど、子どもじみてます。

たびたび批判されるJASRAC。宇多丸はこうした姿勢のために同協会への批判が止まらないのだとし、



だってJASRACは「徴収を拡大していく立場」の団体なんだから、当たり前じゃん。

相手の立場も理解せず、自分の都合で「お世話になってます」「コレはダメ!」と態度を変える方がガキです。自分を何様と勘違いしてるのか知らないけど。


JASRACは法律に従って徴収しようとしているだけですし、徴収されるお金が増えたら分配を受け取って懐が潤うアーティストもいるはずです。懐が潤ったアーティストは、これを原資にまた音楽活動に精を出せることでしょう。

そんなことはお構いなしに「JASRACが悪い!JASRACが悪いんだぁぁぁぁ!」って泣き叫んでいる方々。ちょっとは世の中の仕組みを勉強してください。


よろしいですか。今回の徴収が「合法」と判断された場合、それは「今まで徴収できたけど、してなかった」ってことになるんです。

今までが甘かっただけなんですよ。


会員制のコンサートと、音楽教室の模範演奏、どう違いますか。

違いは「聴かせるため」か「教えるため」か、目的が違うだけです。

そして会員制コンサートだと、著作権使用料は徴収されます。

じゃ、音楽教室の模範演奏も徴収されておかしくないわけです。

著作権法には「教育目的なら払わなくていい」なんて書いてありません。「教育機関なら払わなくていい」とは書いてあります。


「音楽教室は音楽の発展に寄与するからいいんだ」とか「音楽人口が増えて徴収額が上がるのにバカなことを」とか批判してるみなさん、バカはあんた方です。

よろしいですか。今回のJASRACの徴収方針は「営利目的で運営されている音楽教室から」なんです。

音楽教育のための演奏は、元々徴収されません。今までもこれからも。教育機関での音楽教育であれば。

(学校その他の教育機関における複製等)
第三十五条  学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する者及び授業を受ける者は、その授業の過程における使用に供することを目的とする場合には、必要と認められる限度において、公表された著作物を複製することができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びにその複製の部数及び態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。
2  公表された著作物については、前項の教育機関における授業の過程において、当該授業を直接受ける者に対して当該著作物をその原作品若しくは複製物を提供し、若しくは提示して利用する場合又は当該著作物を第三十八条第一項の規定により上演し、演奏し、上映し、若しくは口述して利用する場合には、当該授業が行われる場所以外の場所において当該授業を同時に受ける者に対して公衆送信(自動公衆送信の場合にあつては、送信可能化を含む。)を行うことができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びに当該公衆送信の態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。



営利目的の音楽教室だから徴収します、って話なのよ?


中には「鼻歌を歌っても徴収されるようになる」なんて超絶バカなことを吹聴してる超絶バカがいます。

例えば、この人です。

この解釈は無茶があり過ぎで、これに従えば鼻歌で著作権ものの歌を人前で歌えば、著作権料を支払わなければならないということになってしまいます。


日本音楽著作権協会の方針は危険な考え - 録画人間の末路



この人は著作権法を読んだことも勉強したこともないでしょう。

演奏権の話になったら演奏権しか考えない。

(営利を目的としない上演等)
第三十八条  公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもつてするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。以下この条において同じ。)を受けない場合には、公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。ただし、当該上演、演奏、上映又は口述について実演家又は口述を行う者に対し報酬が支払われる場合は、この限りでない。



みなさん、遠慮なく鼻唄を歌ってください。ただし、その鼻唄を聴いた人たちから料金を取ったら著作権使用料を徴収されます。


アーティストを初めとする音楽家のみなさん、飯のタネに関係する基本的な法律くらい、知っててください。

知った上で、何か不満があるのであれば、著作権法を変える努力をしてください。

JASRACを叩いて方針を変えさせたって、将来に他の権利管理団体が出てきたらどうなるのかわからないんですよ。


【 2017/02/09 (Thu) 】 社会 | TB(0) | CM(0)

この国の報道は腰がひけている。そして弱者を守りもしない。

おかしいと思うことはおかしいと言うし、バカなことを言ってる人にはバカと言ってしまうので、けっこう嫌われることが多い皆川です。こんにちは。

寒い日が続いています。風邪などにご注意ください。私は年始から風邪をひきました。

さて「どうも一方的な報道が続いているな」と思わされている件があります。

金銭要求「いじめ認定困難」=教育長が見解、原発避難-横浜


 東京電力福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒がいじめを受けた問題で、横浜市教育委員会の岡田優子教育長は20日、「(同級生からの)金銭要求をいじめと認定するのは困難」と述べた。市議会の委員会で質問に答えた。


Facebookやtwitterなどを見ても「これだけの金額を中学生がおごりなどとあり得ない」「常識的にありえない」「常識的にありえない」「常識的にありえない」といったコメントがあふれています。

この件で横浜市教育委員会を非難しているみなさんにお聞きしたい。

この件が「常識の範囲内の出来事」だ、とどういう根拠を持って断じているのでしょうか。

常識の範囲外の出来事だったと受け止めている人が見当たらなくて、この国は大丈夫か?と不安になっています。

教育委員会が非常識なのではなく、事件自体が非常識な出来事だったという可能性を、なぜ考えないんでしょうか。

想像力がなさすぎます。

そして、センセーショナルに煽って報道ネタにしているマスコミも、商売熱心はけっこうですが、冷静な分析をしたニュースが一件もないとはどういうことですか。

いじめを受けた側の生徒の行動が「常識の範囲外だった」というストーリーは、十分あり得るでしょう。

被害者側に原因を求めるのは、さらなるいじめに見えてしまうのでやりにくいという事情はあるでしょう。

それにしても、やりようはある。

というか、それをやれないのであれば報道機関としての価値がないでしょう。

この国の「ジャーナリズム」とやらが口先だけの、ただのお題目であることが表面化しているように思います。


 生徒側は、いじめと認定するよう求めているが、岡田教育長は「第三者委員会の答申を覆すのは難しい」と述べた。



教育長も、こんな逃げのコメントをしてはいけません。

第三者委員会の答申を受けて支持するのか、支持できないのであれば進退をかけて行動すべきです。

「私の責任ではない」という姿勢を見せないでください。無責任です。

【 2017/01/24 (Tue) 】 社会 | TB(0) | CM(0)

佐野研二郎氏の最後まで残念な対応

一人で静かにお酒を飲むのが好きなので宴会は苦手な皆川です。こんにちは。

2020年東京オリンピックのエンブレムが取り下げられました。

 デザイナーの佐野研二郎氏が手がけたオリンピックエンブレム。これがベルギー・リエージュの劇場ロゴに似ていると同国のデザイナー、オリビエ・ドビ氏が訴えたことに端を発した事件は、佐野氏によるデザインの「取り下げ」という形で一旦幕を閉じた。


ついに白紙撤回。五輪エンブレムはなぜ炎上したか?:日経ビジネスオンライン




新国立競技場の件といい、今回といい、共通するのは大会組織委員会の不手際です。

国際的なイベントであり、巨額の税金をつぎ込む事業であるにも関わらず、世間の理解を得るという努力をまったくしていません。

対応がすべて後手後手です。

自分のケツを守ることしか考えておらず「素晴らしいオリンピックにしよう」と気持ちがまったく伝わって来ません。

エンブレム撤回も、誰の責任にもならないウヤムヤな幕引きです。

個人的には、大会組織委員会はいったん解散すべきだと思います。

あまりに無能に過ぎます。

佐野氏は今でも「剽窃ではない」と主張しています。

おそらく佐野氏の脳内ではそうなのでしょう。無意識に記憶から出てきたアイディアを自分のアイディアと勘違いするのはよくあることです。今でも私は故意犯ではなかったろう、と思っています。

しかし、これだけ他者から「剽窃にしか見えない」と指摘されれば、その評価を受け入れるのがプロです。

以前、Jリーグの選手が負けたゲームで「モチベーションが上がらなかった」とコメントしていたのを聞いてからJリーグの試合をまったく見なくなりました。

そのときと同じ気持ちです。

彼らは報酬をもらっているプロのはずです。

考え方があまりにアマチュアです。

そして最後まで「私は悪くない」の一点張りです。

「家族やスタッフを守るために取り下げた」のであって、「デザインに問題があるから取り下げた」のではないそうです。

世間のためのイベントのエンブレムが世間から受け入れられなかったのです。完全に失格でしょう。

無能な大会組織委員会が認めたからって、意味がありません。

どこ向いてるんですか、佐野さん。

こういう方は公共事業に関わらないでいただきたい。

最後に。

大会組織委員会は解体してください。でなければオリンピックを辞退してください。

東京オリンピックに対して、私は今まで好意的でした。

ここまで頑張って誘致したのだから、盛り上げていけばよい、と思っていました。

ですが、今の大会組織委員会がやったって無駄です。辞めましょう。

大金を使って全世界に恥をさらすことはありません。
【 2015/09/02 (Wed) 】 社会 | TB(0) | CM(0)

いずれも無職

中学生のころからアルバイトしていた皆川春地です。こんにちは。

 生後4~5カ月の長女を激しく揺さぶるなどし、頭の骨を折るなどのけがを負わせたとして、京都府警捜査1課と南丹署は31日、傷害の疑いで、南丹市八木町南広瀬の男(22)と妻(20)=いずれも無職=を逮捕した

乳児揺さぶられ重傷 京都府警、虐待疑い両親逮捕 (京都新聞) - Yahoo!ニュース



どうなってんだよ、コレ。



【 2015/07/31 (Fri) 】 社会 | TB(0) | CM(0)

2020年東京オリンピックのエンブレムは前回オリンピックへのリスペクトだった

知人は多いが友人が少ない皆川春地です。こんにちは。

2020年東京オリンピックのエンブレムが問題になっています。

 今月24日に発表された2020年東京五輪のエンブレムが、ベルギー・リエージュ劇場のロゴに似ていると、インターネット上で話題になっている。劇場のロゴをデザインしたデザイン会社「Studio Debie」が27日、フェイスブックで東京五輪のエンブレムと劇場のロゴを並べて「2つのロゴの間の著しい類似点があります」などとしている。


東京五輪エンブレム ベルギー劇場ロゴに酷似 ネット上で話題 ― スポニチ Sponichi Annex 五輪



似ている、という指摘以外に、「Tは分かるがLがあるのはなぜか」という批判もあるようです。

Tokyo 2020(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会)が発表したエンブレムは、4つの幾何学図形(赤い円と黒い長方形、凹型の斜辺をもつ金色と銀色の三角形)で構成され、「T」「L」「r」が形づくられているように見えるが、T以外の文字については説明のようなものは見当たらない。


2020年東京五輪のエンブレムは「よくわからない」:US版『WIRED』記者が酷評 « WIRED.jp



この問題に関して「2020年東京オリンピックのエンブレムは、1964年のエンブレムをリスペクトしているのだ」と友人の知り合いのデザイナーさんから指摘がありました。

「2020年東京オリンピックのエンブレムが決定 1964年と比べると......(画像集)」The Huffington Post



背景に見える大きな白い円が、1964年のエンブレムの日の丸に当たります。(右上の小さな赤い円もそうかも)

しかし、白い円を作るがために右下に銀色の部分があります。そのためにLが見えるような造形になってしまった、とのことです。

そして、今回デザインされた佐野さんは、1964年のエンブレムをデザインされた亀倉雄策氏をリスペクトしています。

 そんな時、ギャラリーで見た亀倉さんの五輪ポスターに刺激を受けます。「あんなシンプルで骨太な仕事がしたい。五輪のシンボルをいつか自分も、というのが夢だった」


「東京五輪エンブレムの陰に「伝説のポスター」 巨匠・亀倉雄策の偉業」withnews



今、佐野さんの落胆と苦悩はいかばかりか、と思います。


 東京2020オリンピックのエンブレムの盗用疑惑が世間を騒がせているが、国内のデザイン関係者の間ではデザインを手掛けた佐野研二郎に対する擁護や、批判的な風潮に対する憤り、マスコミの煽り報道を指摘する声などが挙がっている。


東京五輪のエンブレム騒動について国内デザイン関係者がコメント 批判的風潮や煽り報道を指摘する声も | Fashionsnap.com



こういう動きもあるようです。

【 2015/07/31 (Fri) 】 社会 | TB(0) | CM(0)
リンク