1億2702万分の一(平成27年1月1日現在)
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

放送作家が差別に対して怒っているようですが、見当違いです

なぜか知らぬ間に差別問題に触れていることが多い皆川です。こんにちは。

付き合った女性が部落出身の方だったり、在日韓国人二世だったり、なぜか韓国人だときめつけられて100円ライターを投げつけられたり、バーで知り合った美人を口説いたらニューハーフだったり、などとマイノリティの方と触れる機会が昔から多いのです。

実際は大阪で生まれ、貧乏でもなく金持ちでもなく、高学歴でもなく、大食漢でもなく小食でもなく、スポーツも得意でなく苦手でもなく、日本人を全部足して人口で割ったらオレになるんじゃないかと思うくらいに平々凡々な北摂っ子です。

マイノリティの方々と接していると、特徴のないこちらがコンプレックスを感じてしまいそうな勢いです。


さて、BLOGOSで差別問題を提起しているエントリがありました。

<差別?ポリシー?>なぜ「ミシュラン星付レストレン」は女装者の客を「他の客に見えない場所」に座らせたのか?



結論から言ってしまえば、これはこの筆者、安達元一氏の姿勢に問題があります。レストラン側の問題ではありません。

レストラン側から見れば、想定できていない事態であり、どう対応しようか苦慮したことだろう。

いきなり異装の方に来られては、イタズラや遊びでやっているのか、それを正装としてやっているのかが判断できません。

もちろんすべての客に満足を提供するのが理想ではありますが、大勢のいろんな客がいる以上、対応できない事態もあるでしょう。想定できていなかった事態もあるでしょう。

安達氏に対するレストラン側の回答はまっとうなものだし、異装の方のことも、他のお客さんのことも考えて出した、バランス型の回答だと思います。



安達氏はいきなりレストランに敵対的姿勢で臨むのではなく、丁寧に対話すべきでした。

この方にとって、この衣装は正装であり、民族衣装のようなものだと考えてもらいたい、と理解を得る努力をすべきでした。


レストランでは食事だけでなく、雰囲気もサービスの内です。

予告もなく異装の方が来れば、他のお客さんがどう感じるかをレストラン側がコントロールするのは難しいでしょう。


安達氏の悔しさ、無念さも理解できます。しかしそれを招いたのは安達氏自身の迂闊さだと断定できます。

なぜなら、その状態を避ける行動を起こせたのは、事前も事後も安達氏ただ一人だからです。


事前にお店に一言入れ、相談しておくべきでした。
事後にはレストラン側と丁寧な対話を試みるべきでした。



かくいう私もセクシャルマイノリティの友人と食事となると、それなりにお店を選びます。普段は来ないようなゲストが来るのならば、あらかじめお店に伝えておくべき、相談しておくべきなのです。

和食の店に、いきなりイスラムの方をお連れしても、同じようにお店側はとまどいます。

どのような接客をすべきなのか、どのような食材を仕入れておけばいいのか。いきなり来られると、これらの準備ができないのです。



安達氏はこうも書いています。

もしかしたら、筆者がこういった問題について神経質なだけかもしれません。しかし、マツコデラックスのような有名人が来れば、ニヤニヤ笑いながら支配人が挨拶に来る様が目に浮かびます。



マツコデラックスは公にその存在を認められているので、不快に思うお客さんはいないでしょう。なので問題ありません。

逆に問いましょう。安達氏と異装の友人は、マツコデラックスが世に認知されるためにしてきた努力・活動をしてきましたか、と。


安達氏は明らかに「レストラン側の差別である」と決めつけています。

この話は、まだ差別問題として語るべきではありません。

レストラン側に差別的意図があったかどうかが、この内容ではわからないからです。すべてのお客さんに対してトータルなサービスを提供しようとしたとも理解できるのです。


マイノリティでなくとも、対話によって自らを理解してもらう努力をしなければならないのは、この社会の礼儀です。

「オレはオレの好きなようにする、受け入れろ」という態度が社会に受け入れられないのは、普通のことなのですよ、安達さん。

【 2015/05/12 (Tue) 】 社会 | TB(0) | CM(0)
リンク