1億2702万分の一(平成27年1月1日現在)
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

いえ知りません!と言っても信用してもらえない恐怖

近所の居酒屋にスリッパで行ってしまった程度にはウッカリ屋な皆川です。こんにちは。

先日の話です。

友人にあるWebサイトを見せてあげようとスマホで表示しましたら、広告欄にいわゆるSMというジャンルのDVDやコスチュームなどが表示されていました。

一つ二つならまだしも、なぜか広告欄のほとんどがSM。

それを見た友人が「そういうのが好きなのか、そうか、なるほどな。」とのたまいます。

「いやいやいやいや、違うから。覚えがないから。」

SM好きが悪いというわけではありません。人の趣味嗜好は自由です。確かにSMは世間的にアブノーマルとされる分野ではありますが、だからと言って悪いとか劣っているとか言うこともありません。私は変態もアブノーマルも悪いことじゃなくて、むしろ個性とか得意技だと考えております。

ですが、身に覚えのない性癖の持ち主を思われるのは今後の人間関係において支障が出る可能性があります。

一生懸命否定したのですが、友人はおもしろがって信じてくれません。私も焦ったせいで変な説明をしてしまいました。


「SMバーには行ったことあるけど、違うよ!」

「行ったことあるのかw」


不利な戦いです。私にSM趣味が「ない」ことを証明しなくてはならないのですが、「ない」ことを証明するのは「悪魔の証明」です。不可能です。無理ゲーというヤツです。


なぜSM関係の広告ばかり表示されたのか… 原因を突き止めねばなりません。でないとこの先、広告に何が表示されるかわかりません。放置すればそのうち同性愛者だの死体愛好者だの向けの広告が表示されかねません。ゲイバーにも死体写真展にも行ったことはありますが、私はそちらに興味ある人間ではないのです。私の趣味はそちら方面ではないのです。


原因はすぐにわかりました。


コイツのせいです。

民主党・菊田真紀子衆院議員のSMバー批判がネットで物議 - ライブドアニュース



このニュースを追いかけているときにいろいろ検索したのです。検索キーワードに「SMバー」ってしっかり入れていました。このときの履歴が元になって、SM関連の広告がバシバシ出てきたようです。


うっかり調べ物もできません。


みなさんもお気をつけください。

ある日、奥さんと一緒にネットを見ていたら、そこに不倫専門出会い系サイトの広告がバンバン表示されるというホラーが展開されるかもしれません。

【 2015/03/16 (Mon) 】 雑文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haruchi.jp/tb.php/19-33c100d4

リンク