1億2702万分の一(平成27年1月1日現在)
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

大阪都構想を私は支持します

大阪で生まれ育ち、今も大阪に実家がある皆川です。こんにちは。

大阪都構想、私はずっと注目しておりました。そして当初から「支持」の立場であります。

しかし、なぜ大阪都構想を支持するのか。それを明確に言葉にできないでいました。

ところが本日、木走正水(きばしりまさみず)氏がブログにて、私が言いたいことのひとつを実に明確に文章化されておられます。


「大阪都構想」に関しては、賛否両論起こっておりますが、大阪市市議会、大阪市職員並びにその関係者の意見は市民の皆さんは全く聞く必要はありません。

 彼らは保身のためのポジショントークでいろいろな反対論を唱えていますが、そもそも彼らこそ「大阪都構想」の悪しき生みの親なのであり、本件で彼らに意見を言う資格があるとは思えません。

 大阪市が解体されれば全国政令都市で初めてのこととなります。

 そのぐらいの荒療治をしてもかまわないと当ブログは考えます。
大阪市解体を断固支持する理由 - 木走日記



そう、そうなんです。

大阪都構想の是非が論点になりがちですが、それ以前に大阪市という自治体が腐っていてどうにもこうにもならないのですよ。

今の体制を続けていき、大阪市を再構築するという考え方もありましょうが、私はそんなこと不可能だと思っています。泥棒に追い銭です。泥棒に警官やらせるようなもんです。

今でも自民党を始めとする大阪都構想反対派が一生懸命に中身のない反対論を繰り返しています。新しいアイディアには問題があるのが当たり前です。しかし自民党も共産党も「大阪都構想には何もメリットがない」というレッテル貼り以上の反論を展開できていません。

藤井なんとかという京大の教授も「大阪市の財源が流出する。そうに決まってる。」しか言いません。

ちゃんと反論を組み立てているのであれば、一見の価値もあるでしょう。

しかし反対派の言い分には論理も、住民の幸せも見えず、既得権益を守ろうとするさもしさだけが透けて見えます。


5月17日、どんな結果となるでしょうか。

賛成多数となるにしろ、反対多数となるにしろ、なるべく投票率の高い住民投票となって欲しいと願います。

【 2015/03/19 (Thu) 】 政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haruchi.jp/tb.php/20-13b530ef

リンク