1億2702万分の一(平成27年1月1日現在)
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

古賀茂明流に日記を書いてみた

今日の朝、仕事に行こうとしたらね、雨が降ってきたんですよ。

もうこれはね、私を仕事に行かせまいとする政府の圧力。

雨が降ってきたらね、普通、仕事行くのイヤになるじゃないですか。

それでも私は歩き続けた。職場へね。そしたら今度は交差点で赤信号ですよ。

青信号側の車がね、私を職場へ行かせまいと、すごいスピードで直進してくるんですよ。

でも私はそんなことには負けない。ひたすら職場へレッツゴーです。

ようやく職場に着いたらね、誰もいない。職場の人、誰一人来てない。

そこまでするのか、この国の政府は、って唖然としました。

私に仕事させまいと、職場の連中みんなに圧力かけて。みんな職を失いたくないから、言いなりですよ。

でもね、そんなことしてるうちに人は変わっちゃう。やり続けなきゃいけないんですよ。

だから、私はやり続けた。そういうことですよ。


この国の政府は本当にひどい。私に仕事させないように「みどりの日」なんて祝日をでっち上げるんですよ。


【 2015/03/31 (Tue) 】 雑文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haruchi.jp/tb.php/24-0201c9e4

リンク