1億2702万分の一(平成27年1月1日現在)
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

父親の背中を追いかけて…同じ崖から落ちるのか

若いころ、父親とは折り合いが悪くほとんど口をきかなかったのですが、最近は仲が良い皆川です。こんにちは。


その上で、「われわれは、より株主価値を上げるということに対し第一人者。本来なら、われわれが株主になったとき、ただでアドバイスがもらえると喜んでもらいたい」と述べた。



新生「村上ファンド」、企業に物言う父娘鷹-世彰氏も株売買 - Bloomberg




これは…父親と同じ轍を踏むんじゃないかと思います。

株主価値だけが企業の価値ではありません。

ひとつの価値観を絶対視すれば、必ず硬直化を招きますし、不要に多くの敵を作ります。

それは父親から学ばなかったのでしょうか。

ただでアドバイスがもらえると喜んでもらいたい



この言葉だけでも、多くの人が反発するでしょう。

他人に対して「こう考えろ」と押し付けているのですから。かなり傲慢な物言いです。本人は自覚がないのでしょうが。

年齢が27だそうですから、まだわかる年齢ではないかもしれませんね。
【 2015/07/14 (Tue) 】 社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haruchi.jp/tb.php/39-75d2dd50

リンク