1億2702万分の一(平成27年1月1日現在)
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

ピースボート共同代表という炎上芸人

暑いとの暑苦しいのと厚かましいのが嫌いな皆川です。こんにちは。

24日深夜放送の「朝まで生テレビ」(テレビ朝日系)で、ピースボート代表・川崎哲氏の主張が否定され続ける一幕があった。


「朝まで生テレビ」で識者が四面楚歌に…田原総一朗氏も猛反論 - ライブドアニュース




見てはいないのですが、このニュースを読んで「見ればよかった」と思いました。

好きなんです、炎上芸人が。

そしたら何を思ったか川崎さん、反論を公表しています。

これは炎上芸人として、やらざると得ませんよね、わかります。

以上のように追加説明と反論をさせていただきましたが、本来であれば、テレビの生番組の中でこうした裏付けを含め、即時にかつコンパクトに分かりやすく説明をすべきところでした。その点からいうと、反省することしきりです。


「朝まで生テレビ」でいただいたご批判に反論します。長文ごめんなさい:川崎哲のブログ



読みましたが、全編にわたって妄想と思い込みを積み上げた一大スペクタクルになっておりまして、困った眉になってしまいました。

ここにあるように、当時、米国が核トマホークの退役を考えていた際に、米議会戦略態勢委員会の中で日本外務省の当局者がそれに懸念を示したということが明らかになっています。



明らかになんかなっていません。

『米戦略態勢委員会における「TLAM/N退役反対、RNEP保有要請」の報道』を否定しているのです。

この報道の真否はわかりません。だいたい「当局者」って誰だよ。ヨタ記事の典型じゃないか。


米国の核軍縮を警戒する外務省の姿勢は、いまだに続いています。



何を根拠に「続いています」と言いきっているのでしょうか。

川崎さんが「思い込んでる」だけじゃないんですか。何の根拠も書かれていません。


IAEAが莫大な予算を投入して青森県六ヶ所村の再処理工場の査察を行っていることの説明がつきません。



現状把握でしょ。現状把握しとかないと、将来どうなるかわからないじゃないですか。

軽水炉からのプルトニウムを利用して安価に核兵器が作れる技術が開発されれば、そのまま監視対象になるんですから。将来の話ですけど。

川崎さんは「自分が思いつかないこと、理解できないことはこの世にないから、オレが考えた説明以外にはないのだ」とか考えてるんでしょうかね。

ちなみに「~の説明がつきません。」という言い回しは詐欺師の口上です。


私が、米国内には「日本の戦争に米国が巻き込まれるのではないかという不安」があると述べたのは、このような背景に基づく分析からです。



これは分析とはいいません。創作といいます。

自分に都合のよい情報だけをつまみ食いして結論を出しているだけです。

というか、先に結論を作り上げて、それを補完する情報を探してるだけですね。

ヘッジファンドのキニコス・アソシエーツを率いる著名な投資家ジム・チャノス氏が、



一人のアメリカ人(しかも投資家)の意見で何を判断してるの?公的文書とかないの?

投資家に話聞いたら、自分のビジネスへの影響を第一に考えて発言するに決まってんじゃん。

長文なのであまり詳細には突っ込みません。むしろ突っ込みどころしかないので、どうしていいのかわからない状態です。余命一日なのにビール一年分当たっちゃったような心境です。

川崎さん、いろいろと本を出しているようだけど、こんな陳腐なわかりにくい文章を書く人が本なんて出せるの?と疑問です。

ダラダラダラダラ書いてあるだけの文章。本もそうなのかな。



なるほど、「ピースボート共同代表」ですか。こういう活動って、思い込みが激しくないとできないんですよね。

俯瞰的に物事を見て冷静に判断なんてしてたら、大きな組織はひっぱれません。決断できないから。

むしろ細かいことに気づかない程度に無神経で、自分を根拠なく信じる程度に厚かましくないと、大きな組織のリーダーはできません。

なので、ピースボート代表としては、川崎さんは向いているのでしょう。


しかし、政治の話にはまったく向きません。上記のページを見るだけでも、川崎さんの無神経さ、鈍感さ、頭の悪さがよくわかります。

他人の意見を理解する姿勢はなく、自分の考えに都合のよい情報をかき集め、「オレは間違ってないんだ」と主張することしかしていません。

こういう人は政治にまったく向かないのです。世界を理解する能力がないのですから。


グループに10人いて、その内の一人が「今度の企画はちょっと裏の意図があるんだ」とコメントしたとしましょう。

川崎さんは、その一人の意見をもって「あの10人のグループは裏の意図をもって企画している」と判断する人です。上記のページの内容全体が、そういう理屈です。

10人いれば、10人とも意図をもって活動しています。他の9人がどういう意図をもっているかなんて、聞かなければわからないことです。

「部分で全体を語る」のはやってはいけないことです。間違った結論にたどり着くこと必至ですから。

ですが、「大きな組織のリーダー」には向いていると思います。

ピースボートでがんばってほしいと思います。

政治的な発言はほとんどオカルト、あるいはトンデモなので控えた方がいいでしょう。

まあ、本人は「オレは気づいてるんだ!」とか妄想を信じ込んでるんでしょうけどね。

川崎哲さんの話は、「アポロは月に行ってなかった」とか「アメリカは密かに宇宙人と同盟を結んでいる」なんて話と変わりません。


【 2015/07/27 (Mon) 】 社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haruchi.jp/tb.php/45-8a577d2c

リンク