1億2702万分の一(平成27年1月1日現在)
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

無知な若者を利用する下劣な方々

若いころは遊ぶことしか考えてなかった皆川です。こんにちは。


民主党、実にゲスい!と思うニュースがありましたので、取り上げます。



 参院平和安全法制特別委員会は14日の理事会で、安全保障関連法案をめぐる15日の中央公聴会で意見表明する「公述人」として、法案に反対する大学生らのグループ「SEALDs(シールズ)」の中心メンバーで明治学院大4年の奥田愛基さんや、白石隆政策研究大学院大学長(政治学)ら6人を招くと確認した。


 奥田さんは民主党が推薦した。同党の推薦で浜田邦夫元最高裁判事も出席する。


シールズの学生ら「公述人」に 15日に安保中央公聴会




民主党が、例のデモ活動団体SEALDsの奥田愛基さんを担ぎ出したそうです。

私はSEALDsについて、特に否定的には考えていません。むしろ若いうちに形はどうあれ政治活動に参加するという経験は彼らにとって財産となるでしょう。

数十年後の日本にとって、彼らは力となる人材へと育ってくれると考えます。

今のデモ活動がどんなに無内容で無法であろうと。

若気の至りというヤツでしょう。むしろ、これこそ若者の特権と思います。

しかし、民主党は公聴会という公式の場に奥田さんを担ぎ出してしまいました。

奥田さんを始め、SEALDsの人たちは政治に関する無知と若さゆえの怖いもの知らずで行動しているだけです。

彼らは日本の安全保障など何ひとつ知りませんし、考えていません。

そんな若者を、国レベルの公式の場に立たせようというのです。

冷静な議論なぞカケラも期待できない若者を、です。

単なる世間ウケを狙ってるだけです。

若者は政治活動にハマってはいけません。今回のデモ活動が終われば、彼らは一学生に返らねばならないのです。

ところが公聴会などという公式の場に立たせてしまえば、おそらく彼らは勘違いするでしょう。

「我々の行動は正しいのだ」と。

この先、サヨクという大人たちに利用されていく彼らが目に浮かびます。

自業自得といえばそれまでですが、その後押しをする民主党は「大人の矜持」を持ち合わせていない、あまりに下劣な大人たちです。


デモ活動をしている人たちへ苦言

デモ活動をしている若者たちへ、一言伝えたい。

あなたたちは、数十歳も上の大人の行動を理解できる自信があるのか。

自分たちには理解できない何かのためにがんばっているのかもしれない、という発想は持てないのか。

ましてや、自分の望まない方向へ国を進めようとしている相手だとしても、親と同じような歳の大人に対して命令口調で「退陣しろ」とか『廃案にしろ」とか叫ぶ、その礼儀の無さはなんなのだ。

謙虚さも冷静さも、知識も経験もない。自分の正義を通すためにはルール違反も厭わない。

今のあなたちはテロリストと何も変わらない。

お祭り騒ぎで感情が高ぶっているのだろうが、民主主義国家における政治活動とは、もっと地味で時間がかかるものだ。

たかだか数カ月騒いだだけで何かが変わるのなら、それは民主主義国家ではない。

自分の意見を聞いてほしいのであれば、まず他人の意見を辛抱強く聞き、理解し、正当な反論をすべきだ。

泣いてミルクを欲しがれば与えてもらえる時期は、もうとっくに終わっているのだよ。


デモ活動をしている人たちへ助言

今、デモ活動を中途半端に終わらせることもないでしょう。

やりきってみてください。

ただ、数年後でもいい、十年後でもいい、二十年後でもかまいません、気づいてください。

今、あなた達の周りにいる大人たちはロクでもない連中です。

あなた方が便利だから、あなた方を応援しているに過ぎません。

あなた方の人生のことなど、まったく考えていません。

利用するために、あなた方を応援しているのです。

このままロクでもない連中に利用される人生を歩んでしまわないよう、心より祈っています。

【 2015/09/15 (Tue) 】 政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haruchi.jp/tb.php/55-aca2ca98

リンク