1億2702万分の一(平成27年1月1日現在)
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

愚劣な国会議員は自民党にいる

世の中にはいろんな議員がいます。国会議員、県会議員、市議会議員、etc

いろんな方がいます。ゴシップ雑誌などでスキャンダルが取り上げられたりすることも多く「政治家がキライ」「政治家は悪いヤツラ」といった印象をお持ちの方も多いと思います。

しかし、多くの政治家は一般の人よりも忙しく、プライベートを犠牲にしてがんばっている方がほとんどです。

尊敬すべき方も多く、もっと政治家という立場の方々への理解が深まってほしいと思っています。

そんな中、少数ながら軽蔑すべき議員はいます。

議員という肩書で偉そうにしたい、先生と呼ばれたい、オレは偉いんだと世間に誇示したい、そんな愚劣な議員はいます。

そういう議員を私は「政治家」ではなく「政治屋」と呼んでいます。

私が一番軽蔑している議員は共産党でも民主党でもありません。

自民党の国会議員です。「長尾敬」という政治屋です。

民主党政権時代には民主党、自民党政権に戻ると自民党に所属するという節操のなさ。

「オレ様が教えてやる」と言わんばかりの偉そうなブログ。

自分の無知に気づけない知能の低さ。

どうしてこんな愚劣な人間が国会議員なんかになっちゃってるんだろう、と目まいがします。

最近、コイツのブログがひどいので、いくつか取り上げて批判したいと思います。

グラフのとおり、財政再建は関市政の時から始まっている事実があります。その後、平松市政に、橋下市政に継承されているのです。
橋下市政の今は、過去によってもたらされているのです。


過去の大阪市政に謙虚であれ!!!




財政再建は流れができれば、後は何もしなくても進むものだと思っているようです。アホか。

関さんも平松さんも橋下さんもガンバったんだよ。もちろん市長だけではなく、多くのスタッフがガンバった結果なんですよ。

さらに、橋下市長は「隠れた借金があった。これを減らし、もうすぐ無くなる」と主張しています。

大阪府は、橋下知事就任(2008年)前まで粉飾会計をしていました。(■ピンク色の部分を隠していました)


長尾が提示しているグラフにはこれが含まれていません。反論もしていません。

そもそも長尾は大阪に何の縁もなく、前回の衆議院選挙のときに自民党の落下傘候補して大阪に来た人間です。

小選挙区では落選し、比例で復活当選させてもらった人間です。

大阪のことを何も知りません。支持もされていません。

そんな議員がなぜこんなにトンチンカンな理屈で偉そうに大阪のことを語るのか。まったく理解できません。

謙虚にならなきゃいけないのはオマエだバカ。

慰安婦問題、南京問題、大阪都構想



もうこれなどはタイトルだけでバカがわかります。

過去の問題と将来の話をゴチャゴチャにしています。

一か所似ていれば「これは同じ性質だ!」と思い込む、バカの典型です。

カブトムシにはハネがある!ペンギンにもハネがある!だからカブトムシとペンギンは同じだ!

そんなバカなことを偉そうにブログに書いちゃう国会議員、それが長尾敬です。

長尾はこれまでにもトンデモ発言をしています。といいますか、トンデモ発言しか出てきません。

その中でもピカイチのトワイライトゾーンが無戸籍問題での発言です。

「はっ? それは多様性とは言わず、セックスを我慢できなかったからじゃないの?それさえ我慢すれば、無戸籍の子供の殆どは生まれなくなる」


無戸籍問題の筋違い



他人のセックスに口を出す下劣さ。「多様な事情」が理解できない世間知らずさ。

どうしようもない大人です。

世の中には、いろんな人がいて、いろんな事情があります。

わかりやすい例を出せば「DV被害から逃げていて離婚手続きができない女性」です。

法律上の夫から逃げている最中、守ってくれる人に出会った。でも相手の問題で法律的な手続きができない。こういう女性が存在することに、長尾はまったく気づかないのです。

これが居酒屋でクダを巻いてるオッサンの発言なら笑ってスルーしますが、なんと国会議員の発言です。

国会議員は、世の中をよくするために何かをするのが仕事です。

「ルールを守らないヤツが悪い」で済ますなら、国会議員なんざいらないのです。さっさと辞めろ。

無知、無恥、無能。

議員どころか、社会人としてすら疑問符のつく大人、長尾敬。

数年以内に消えてくれることを願います。

【 2015/11/05 (Thu) 】 政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haruchi.jp/tb.php/61-bea12633

リンク