1億2702万分の一(平成27年1月1日現在)
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

この国の報道は腰がひけている。そして弱者を守りもしない。

おかしいと思うことはおかしいと言うし、バカなことを言ってる人にはバカと言ってしまうので、けっこう嫌われることが多い皆川です。こんにちは。

寒い日が続いています。風邪などにご注意ください。私は年始から風邪をひきました。

さて「どうも一方的な報道が続いているな」と思わされている件があります。

金銭要求「いじめ認定困難」=教育長が見解、原発避難-横浜


 東京電力福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒がいじめを受けた問題で、横浜市教育委員会の岡田優子教育長は20日、「(同級生からの)金銭要求をいじめと認定するのは困難」と述べた。市議会の委員会で質問に答えた。


Facebookやtwitterなどを見ても「これだけの金額を中学生がおごりなどとあり得ない」「常識的にありえない」「常識的にありえない」「常識的にありえない」といったコメントがあふれています。

この件で横浜市教育委員会を非難しているみなさんにお聞きしたい。

この件が「常識の範囲内の出来事」だ、とどういう根拠を持って断じているのでしょうか。

常識の範囲外の出来事だったと受け止めている人が見当たらなくて、この国は大丈夫か?と不安になっています。

教育委員会が非常識なのではなく、事件自体が非常識な出来事だったという可能性を、なぜ考えないんでしょうか。

想像力がなさすぎます。

そして、センセーショナルに煽って報道ネタにしているマスコミも、商売熱心はけっこうですが、冷静な分析をしたニュースが一件もないとはどういうことですか。

いじめを受けた側の生徒の行動が「常識の範囲外だった」というストーリーは、十分あり得るでしょう。

被害者側に原因を求めるのは、さらなるいじめに見えてしまうのでやりにくいという事情はあるでしょう。

それにしても、やりようはある。

というか、それをやれないのであれば報道機関としての価値がないでしょう。

この国の「ジャーナリズム」とやらが口先だけの、ただのお題目であることが表面化しているように思います。


 生徒側は、いじめと認定するよう求めているが、岡田教育長は「第三者委員会の答申を覆すのは難しい」と述べた。



教育長も、こんな逃げのコメントをしてはいけません。

第三者委員会の答申を受けて支持するのか、支持できないのであれば進退をかけて行動すべきです。

「私の責任ではない」という姿勢を見せないでください。無責任です。

【 2017/01/24 (Tue) 】 社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haruchi.jp/tb.php/71-585aedc6

リンク