1億2702万分の一(平成27年1月1日現在)
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

谷口ジローさんに御礼を

マンガ好きアニメ好き映画好き小説好きの皆川です。こんにちは。

先日、谷口ジローさんがお亡くなりになりました。絵が大好きな漫画家さんでした。

ニュースではドラマでも大ヒットした「孤独のグルメ」が取りざたされていますが、私が一番好きな作品は「神々の山嶺」です。


夢枕獏の小説を漫画化したものです。未見ですが映画にもなりましたね。

自然が荒れ狂う高山を舞台に、人々があがいている姿がとても美しかったマンガでした。谷口ジローさんの画力あっての作品でした。

谷口ジローさんの作品を読んでいて、ときおり思うことがあります。表情の描き方が、浦沢直樹とソックリのときがあるのです。

酸っぱいもの食べたときの表情や、「うーん」と考えているときの表情など、描き方がまったく同じです。

経歴を調べても接点は見つからないのですが、同じ漫画家さんの作品を参考にしていたとか、そういうことなんでしょうか。


豊かな表情、リアリティのあるキャラクター、細かい背景描写、どれも一流のものでした。

もう新作は読めないのかとさびしい気持ちもありますが、これまで楽しませていただいたことを感謝する気持ちの方がはるかに大きいです。ありがとうございました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。


【 2017/02/14 (Tue) 】 雑文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haruchi.jp/tb.php/73-8b8ddd24

リンク