1億2702万分の一(平成27年1月1日現在)
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

勘違いで成り立っている関係

前回の記事で「この経験で、差別とか偏見って、無知からくるものなのだな、と実感しました。」と書きました。
そのときに思い出したエピソードがあるので紹介します。


以前、週に一度くらいランチに行っていた喫茶店がありました。

そんなに大きなお店ではなく、カウンターが5席くらい、4人掛けのテーブルが4つというレイアウトでした。

ランチはカレーライスと焼き飯、サンドイッチくらいしかなかったのですが、昭和の雰囲気や古いマンガが置いてあることが気にいってました。

その喫茶店に、毎日のようにいるお爺ちゃんがいました。

いつも他の常連客さんと元気におしゃべりしていたんですが、その声がとても大きく、他の人の話が聞こえないくらいでした。

そして話の内容がほとんど下ネタで、テレビに映っている女性を指して「この子はお尻はえぇなぁ~!ワシの好みや!」などと、これまた大きな声で叫ぶのです。

お店の人も他の常連客さんも苦笑いしていましたが、本人に悪意がないのはわかっていたので、特に注意したりはしていませんでした。


その後、私は職場が移動したこともあり、数か月ほどそのお店に行きませんでした。

久しぶりにそのお店に行くと、相変わらずお爺ちゃんがいました。

しかし、何か雰囲気が違ったのです。

声の大きさは普通だし、内容も下ネタではありません。

初めは体調でも悪いのかと思いましたが、お店の人に聞くとそうではありませんでした。


お爺ちゃんが変わったのは、誤解が解けたからだったのです。

まず、声が大きかったのは、お爺ちゃんの耳が悪く、自分が聞こえなかったからだったそうです。

今でも楽しくて調子に乗ってくると声が大きくなってしまうそうですが、お爺ちゃん自身が気をつけるようになったとのこと。

そして、下ネタについてはお爺ちゃん、サービスでやっていたらしいのです。

自分はもう現役ではない、でも周りの人はまだまだ元気そう、だから一生懸命に合わせているつもりだったんだそうです。


誤解が解けるきっかけは、新しくお店に来るようになった、別のお爺ちゃんでした。

その人自身も耳が悪く、声が大きくなりがちだったので、問題のお爺ちゃんに忠告したそうです。

「あんた、気づいてないだろうけど声大きいよ」って。

下ネタの件も「みんな、そんなに楽しくないよ」ってストレートに説明したのだそうな。


私たちはお爺ちゃんのことを「声が大きくて下ネタが好きな人なんだ」で済ませていました。

ですが、新しく来たお爺ちゃんは、同じ境遇であるからこそ理由を理解できて、みんなが楽しくやれる道を知っていたのでしょう。



剣客商売という時代小説の中で、主人公・秋山小兵衛がこんなセリフを言うシーンがあります。


剣客商売「徳どん、逃げろ」

「人の世は、みんな勘違いで成り立っているものじゃよ。ごらんな、太閤・豊臣秀吉や織田信長ほどの英雄でさえ、勘違いしているではないか。なればこそ、あんな死にざまをすることになった。それほどに、人が人の心を読むのは難しいのじゃ。ましてや、この天地の摂理(動き)を見究めることなど、なまなかな人間には出来ぬことよ。なれど出来ぬながらも、いつも我が心を慎んでいるだけでも、世に中はましになるものさ」





以前はお互いの勘違いで成り立っていたんだなあ、と実感したものです。
【 2015/02/25 (Wed) 】 雑文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haruchi.jp/tb.php/8-555d7c73

リンク