1億2702万分の一(平成27年1月1日現在)
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

偽善者が湧いている

昔、いじめられっ子だったんですが、誰も信じてくれない皆川です。こんにちは。

長谷川豊さんのブログ記事をめぐって、かなり激しい批判が起こっています。

岩手県での痛ましい自死に関する、フジテレビの元アナウンサー・長谷川豊さんのブログでの意見に、「怖さ」を感じた。激しい違和感を憶え、どうしても同意できない

「いじめられる方にも責任がある」という、長谷川豊さんの「自殺」に関する見解に激しい違和感(片岡英彦) - 個人 - Yahoo!ニュース


こういった問題は、すぐに感情的に走ってしまう人が出てきて、話をトンチンカンな方へ持っていってしまうことが多い。

上記の片岡英彦さんの批判も、同じく感情に走ってしまって、元記事をちゃんと読めてない典型的な例です。

古くからよくある「いじめられる方にも責任がある」という意見だ。責任ある社会人はこういう発言はすべきではない。


まずここ。長谷川さんはそんなこと書いていません。「それはイジメではない」と言っているのです。「いじめられる方にも責任がある」なんて一言も書いていません。

自死を選択をせざるを得なかった者の立場には全く立っていない。


当たり前ですね。「自殺した人は認めない」って言ってるんですから。

何よりも、こうした「本人の責任」を過度に強調するような社会や周囲の空気自体が、弱い立場の者に対してさらなる閉塞感や同調圧力を生み出す。新たに自死を選択する者を出しかねない。この点については断固反論したい。


長谷川さんの記事の意図がまったく読み取れていません。

あの事件の同級生たち、そして担任の先生、他の先生、ご家族。おそらく長谷川豊さんには、そんな方々を救う意図があるのですよ。

「あなた方が悪いのではないですよ」とメッセージを送っているのです。もちろん世間に対して理解を求めてもいます。


片岡英彦さんの論法だと、あの事件の周囲の方々が悪かったということになってしまいます。

彼らは今、世間の目に晒され、責められ、「新たに自死を選択する者を出しかねない」状況なのですよ。


おそらく、私があの事件の場にいたとしても、おそらく当事者の子を無視したりはしていたんじゃないかな、と思います。

今でも同じようなことはします。「アイツがいると盛り上がらないから、飲み会に誘わなくていいだろ」とかね。これ、イジメですかね。

「そういう人」が「そういう人」として自死を選択せず生きていけることが何より大切だ。


ああそうですか。そりゃそうですね。で、どうすればそれが可能になりますか?

うざいから普通に無視ってたら自殺しちゃった。これを防ぐにはどうしたらいいですか。

自殺しちゃうかどうかの境界線は、人には見えないんですよ。

「こうした性格は、本人の問題だから、これは、いじめではない」そんなことでいいのだろうか?


いいでしょう。そんなに同級生たち(暴力行為に及んだ者を除く)を悪者にしたいんでしょうか。どうせい、というのでしょうか。


片岡英彦さんの批判は「ただの正論」です。正論なんていくらでもあるんです。その内のひとつに過ぎません。

そして、誰も幸せにしない正論です。何の役にも立ちません。

片岡英彦さんの記事は要約すると「オレはイヤだ」しか言ってないのです。


この人、自分が「自殺を選ぶ人」を増やす方向の話をしていること、わかってるのかな。



【 2015/07/29 (Wed) 】 社会 | TB(0) | CM(0)

ピースボート共同代表という炎上芸人

暑いとの暑苦しいのと厚かましいのが嫌いな皆川です。こんにちは。

24日深夜放送の「朝まで生テレビ」(テレビ朝日系)で、ピースボート代表・川崎哲氏の主張が否定され続ける一幕があった。


「朝まで生テレビ」で識者が四面楚歌に…田原総一朗氏も猛反論 - ライブドアニュース




見てはいないのですが、このニュースを読んで「見ればよかった」と思いました。

好きなんです、炎上芸人が。

そしたら何を思ったか川崎さん、反論を公表しています。

これは炎上芸人として、やらざると得ませんよね、わかります。

以上のように追加説明と反論をさせていただきましたが、本来であれば、テレビの生番組の中でこうした裏付けを含め、即時にかつコンパクトに分かりやすく説明をすべきところでした。その点からいうと、反省することしきりです。


「朝まで生テレビ」でいただいたご批判に反論します。長文ごめんなさい:川崎哲のブログ



読みましたが、全編にわたって妄想と思い込みを積み上げた一大スペクタクルになっておりまして、困った眉になってしまいました。

ここにあるように、当時、米国が核トマホークの退役を考えていた際に、米議会戦略態勢委員会の中で日本外務省の当局者がそれに懸念を示したということが明らかになっています。



明らかになんかなっていません。

『米戦略態勢委員会における「TLAM/N退役反対、RNEP保有要請」の報道』を否定しているのです。

この報道の真否はわかりません。だいたい「当局者」って誰だよ。ヨタ記事の典型じゃないか。


米国の核軍縮を警戒する外務省の姿勢は、いまだに続いています。



何を根拠に「続いています」と言いきっているのでしょうか。

川崎さんが「思い込んでる」だけじゃないんですか。何の根拠も書かれていません。


IAEAが莫大な予算を投入して青森県六ヶ所村の再処理工場の査察を行っていることの説明がつきません。



現状把握でしょ。現状把握しとかないと、将来どうなるかわからないじゃないですか。

軽水炉からのプルトニウムを利用して安価に核兵器が作れる技術が開発されれば、そのまま監視対象になるんですから。将来の話ですけど。

川崎さんは「自分が思いつかないこと、理解できないことはこの世にないから、オレが考えた説明以外にはないのだ」とか考えてるんでしょうかね。

ちなみに「~の説明がつきません。」という言い回しは詐欺師の口上です。


私が、米国内には「日本の戦争に米国が巻き込まれるのではないかという不安」があると述べたのは、このような背景に基づく分析からです。



これは分析とはいいません。創作といいます。

自分に都合のよい情報だけをつまみ食いして結論を出しているだけです。

というか、先に結論を作り上げて、それを補完する情報を探してるだけですね。

ヘッジファンドのキニコス・アソシエーツを率いる著名な投資家ジム・チャノス氏が、



一人のアメリカ人(しかも投資家)の意見で何を判断してるの?公的文書とかないの?

投資家に話聞いたら、自分のビジネスへの影響を第一に考えて発言するに決まってんじゃん。

長文なのであまり詳細には突っ込みません。むしろ突っ込みどころしかないので、どうしていいのかわからない状態です。余命一日なのにビール一年分当たっちゃったような心境です。

川崎さん、いろいろと本を出しているようだけど、こんな陳腐なわかりにくい文章を書く人が本なんて出せるの?と疑問です。

ダラダラダラダラ書いてあるだけの文章。本もそうなのかな。



なるほど、「ピースボート共同代表」ですか。こういう活動って、思い込みが激しくないとできないんですよね。

俯瞰的に物事を見て冷静に判断なんてしてたら、大きな組織はひっぱれません。決断できないから。

むしろ細かいことに気づかない程度に無神経で、自分を根拠なく信じる程度に厚かましくないと、大きな組織のリーダーはできません。

なので、ピースボート代表としては、川崎さんは向いているのでしょう。


しかし、政治の話にはまったく向きません。上記のページを見るだけでも、川崎さんの無神経さ、鈍感さ、頭の悪さがよくわかります。

他人の意見を理解する姿勢はなく、自分の考えに都合のよい情報をかき集め、「オレは間違ってないんだ」と主張することしかしていません。

こういう人は政治にまったく向かないのです。世界を理解する能力がないのですから。


グループに10人いて、その内の一人が「今度の企画はちょっと裏の意図があるんだ」とコメントしたとしましょう。

川崎さんは、その一人の意見をもって「あの10人のグループは裏の意図をもって企画している」と判断する人です。上記のページの内容全体が、そういう理屈です。

10人いれば、10人とも意図をもって活動しています。他の9人がどういう意図をもっているかなんて、聞かなければわからないことです。

「部分で全体を語る」のはやってはいけないことです。間違った結論にたどり着くこと必至ですから。

ですが、「大きな組織のリーダー」には向いていると思います。

ピースボートでがんばってほしいと思います。

政治的な発言はほとんどオカルト、あるいはトンデモなので控えた方がいいでしょう。

まあ、本人は「オレは気づいてるんだ!」とか妄想を信じ込んでるんでしょうけどね。

川崎哲さんの話は、「アポロは月に行ってなかった」とか「アメリカは密かに宇宙人と同盟を結んでいる」なんて話と変わりません。


【 2015/07/27 (Mon) 】 社会 | TB(0) | CM(0)

誰かが悪かったから、彼は死んだのだろうか。

お酒は好きですが弱いので量が飲めない皆川です。こんにちは。


両親は、助けずに4時間も放置したとして、1年生を除く参加者31人に解決金の支払いを求め、うち10人は1人240万円の条件で和解した。しかし、21人は、「法的責任はない」として和解に応じず、両親が今回提訴に踏み切った。


「東大コンパで泥酔死亡」責任は誰に? 「両親が1.7億円賠償請求」めぐり論議 : J-CASTニュース


うーん、これ、なんとも言えない事件ですね。


正直申しますと、30人以上の宴会なんて、誰が来てるかなんて把握できませんし、誰がどんな状態かなんてわかりません。


和解していない人たちの中には「そんなの気づきようもなかった」という方も多いのではないでしょうか。


このご両親、どうして全員を対象にしているんでしょうね。座っている場所とかによって判断は違うと思うのですが。


亡くなった方のことをとやかく言うのは憚られますが、1リットル以上の焼酎を短時間で飲むなんて自殺行為です。


ご両親、現場にいた方々に責任を求めるよりも、お酒について息子に教育できていなかった自身の無策を悔いてはいかがかと思うのです。


「参加者に助けてほしかった」との思いもわかりますが、だからといって社会人としての出発点に200万円もの借金を乗せる必要があるのかどうか、大変疑問です。


払わなくてもよい結果が出たとしても、訴訟を抱えるというのはお金も時間もかかりますし、何よりかなり大きなストレスです。


「こんな目に遭うのは、息子を最後にしたい」。父親(52)は、2015年7月22日の会見で、涙を拭いながらこう訴えた。


この訴訟で、誰か幸せになるでしょうか。不幸の連鎖にしか見えません。


次の犠牲者を防ぎたいというだけならば、31人を見せしめにする必要はないでしょう。自ら啓蒙活動をすればよいことです。



このご両親は、自分たちの失敗から目をそらしているだけではないかと思えてなりません。



【 2015/07/24 (Fri) 】 社会 | TB(0) | CM(0)

父親の背中を追いかけて…同じ崖から落ちるのか

若いころ、父親とは折り合いが悪くほとんど口をきかなかったのですが、最近は仲が良い皆川です。こんにちは。


その上で、「われわれは、より株主価値を上げるということに対し第一人者。本来なら、われわれが株主になったとき、ただでアドバイスがもらえると喜んでもらいたい」と述べた。



新生「村上ファンド」、企業に物言う父娘鷹-世彰氏も株売買 - Bloomberg




これは…父親と同じ轍を踏むんじゃないかと思います。

株主価値だけが企業の価値ではありません。

ひとつの価値観を絶対視すれば、必ず硬直化を招きますし、不要に多くの敵を作ります。

それは父親から学ばなかったのでしょうか。

ただでアドバイスがもらえると喜んでもらいたい



この言葉だけでも、多くの人が反発するでしょう。

他人に対して「こう考えろ」と押し付けているのですから。かなり傲慢な物言いです。本人は自覚がないのでしょうが。

年齢が27だそうですから、まだわかる年齢ではないかもしれませんね。
【 2015/07/14 (Tue) 】 社会 | TB(0) | CM(0)

これは「ねつ造」とも言えるニュースじゃないだろうか

ギリギリ嘘じゃない、なんて卑怯さが一番嫌いな皆川です。こんにちは。

 国会審議中の安全保障関連法案に対する賛否を問う「市民投票」を大阪市の市民団体が実施し、開票結果が12日、発表された。投票総数2516票のうち、反対が2409票で95%超に上った。賛成は4%弱の92票で、残る15票は無効だった。

安保法案「反対」が95%超 大阪、2千人が市民投票:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)



すごいですね、このニュース。明らかに読者の誤認を誘ってます。

記事中の写真をみてもらえば分かるんですが、「安全保障関連法案」を「戦争法案」と呼び変える人たちの集まりで行われたアンケートなわけです。

つまり、法案反対な人たちの集まりの中での投票だったわけです。

なのにタイトルには”安保法案「反対」が95%超”とあります。

公平な投票でもないのに、この見出し。東スポかオマエは。

そして、反対派による反対派のための投票にも関わらず、賛成が92票もある。ここは笑うところでしょう。

中日新聞、ロクでもない新聞ですね。

こういう時代遅れの世論誘導が、先の戦争での一番の反省点ではなかったんでしょうかね。

【 2015/07/13 (Mon) 】 社会 | TB(0) | CM(0)
リンク