1億2702万分の一(平成27年1月1日現在)
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

SEALDsは「若気のヒダリ」だ。

20代のころ、女子ばかり追いかけていた皆川です。今でも追いかけています。

もうすぐ大阪ダブル選挙ですが、安保法案で知名度が上がっちゃったSEALDsの関西版が突撃しているようです。

国会前で「安倍はやめろ」と叫んでいた彼らが、なぜ実質的に自民党候補者を推すような方針をとっているのでしょうか。中心メンバーで、今回の大阪ダブル選挙プロジェクトを担当する脇田燦志朗さん(23)に、法案通過後から「反維新」活動に至るまでの話をお聞きしました。


コメント:大阪維新と安倍政権は「似てるよね。だから僕らは支持しない」。SEALDs KANSAIメンバーの本音を聞いてきた【前編】



あ、いえ、「似てる」で判断されちゃ困るんですが…

大人をナメてんのか。

あ、いえ、つい感情的になってしまいました。

冷静に参りましょう。

国民の中には民主主義を否定するやり方に反対する意識が芽吹いた。



SEALDsの人たちはまず「民主主義」をよく理解する必要があります。

あなた方が「民主主義」と表現しているモノは民主主義ではありません。

むしろテロリズムへの道です。

法案はもっと早い時期に通る見通しだったのが、9月にずれ込んだと言われています。遅らせることができた原因としては、確実に僕たちのデモ、街宣、野党の人たちの頑張りがあった。



遅らせることに何のメリットがあるのでしょうか。何の成果でもないでしょう。

単なる国政の停滞なのです。

安保法案の他にも膨大な案件があるのです。

迷惑こうむった人が大勢いることを認識してないでしょう、自分のことしか考えてないから。

危険が高まらない社会のほうがいいと言っているだけ。



戦争の危険を低くするために、他のリスクを高めていることを理解しましょう。世の中の問題は戦争だけではないのです。

理解の上で安保法案に反対しているのならわかりますが、そうでないことがよくわかるインタビューです。

平和学習で、「二度と戦争をしてはいけない」、「武力に武力で返すのはいけない」と学校で学び、親にも「喧嘩はいけない。暴力を振るった方が結局悪い」と教えられてきたのに、



まず、それは日本の話で、テロに武力で対抗したのはアメリカです。一緒にしても意味がありません。

国内と国外では話がまったく違います。

SEALDsの方々、全体的に国政を考えるには社会経験も知識も絶望的に足りません。

足りませんが、まあこの年齢であれば仕方がないでしょう。

仕方がないんですが、こういう若者を持ち上げるだけの記事は感心しません。

大人が傍について、バランスを取ってあげるべきでしょう。

なのに、左側に落とそうとしてる大人ばかりがSEALDsに群がっていて、辟易します。




彼らの一部は政治にも関心を持つ立派な大人になるでしょう。

他の一部は自分のイデオロギーのためなら他人の不幸を許容する、どうでもいい大人になるでしょう。

SEALDsは彼ら自身にとってのイニシエーションです。何かを成し得るものではありませんし、そんな能力はありません。

彼らがこれからどう成長するのか、それはこれから決まります。

願わくば、バカな大人が手出ししないでいて欲しいのですが、SEALDsの知名度が上がってしまったがゆえに、バカな大人の群れを呼び寄せてしまいました。

現実には、SEALDsに参加している人たちはかなりの割合で、社会に貢献しない/できない社会活動家へと堕ちるのではないでしょうか。彼らは無駄なルサンチマンを育ててしまいました。

むしろSEALDsに参加せず横目で見ている同世代の若者たちこそ、将来に政治と適度な距離を持ちながら関心も失わない大人へと成長するのではないかと期待しています。

この期待だけが、私がSEALDsを否定しない唯一の根拠となっています。


礼儀を知れよ、ガキども、と思っていることは内緒です。

【 2015/11/19 (Thu) 】 政治 | TB(0) | CM(0)

バカは咲く花

花は好きですが残念ながら似合わない皆川です。こんにちは。

 自民党の野田聖子前総務会長は4日夜のBS日テレの番組で、中国が進める南シナ海の人工島造成について「直接日本には関係ない。南沙(諸島)で何かあっても、日本は独自路線で対中国の外交に徹するべきだ」と述べた。


時事ドットコム:南沙「日本に無関係」=野田聖子氏



おおう、これはでっかいバカの花ですね。

こんなバカ発言する議員がこの世にいるとは驚愕すべき事態です。科学特捜隊の出番でしょうか。

しかも、なんと自民党総裁選に出ようとかしていた御仁ですよ、このオバサン。宇宙戦艦でイスカンダルまで放射脳除去装置を取りにいく事態でしょうか。

前回の総裁選でこのオバサンを推薦しようとした自民党議員は全員辞職でお願いします。
【 2015/11/05 (Thu) 】 政治 | TB(0) | CM(0)

愚劣な国会議員は自民党にいる

世の中にはいろんな議員がいます。国会議員、県会議員、市議会議員、etc

いろんな方がいます。ゴシップ雑誌などでスキャンダルが取り上げられたりすることも多く「政治家がキライ」「政治家は悪いヤツラ」といった印象をお持ちの方も多いと思います。

しかし、多くの政治家は一般の人よりも忙しく、プライベートを犠牲にしてがんばっている方がほとんどです。

尊敬すべき方も多く、もっと政治家という立場の方々への理解が深まってほしいと思っています。

そんな中、少数ながら軽蔑すべき議員はいます。

議員という肩書で偉そうにしたい、先生と呼ばれたい、オレは偉いんだと世間に誇示したい、そんな愚劣な議員はいます。

そういう議員を私は「政治家」ではなく「政治屋」と呼んでいます。

私が一番軽蔑している議員は共産党でも民主党でもありません。

自民党の国会議員です。「長尾敬」という政治屋です。

民主党政権時代には民主党、自民党政権に戻ると自民党に所属するという節操のなさ。

「オレ様が教えてやる」と言わんばかりの偉そうなブログ。

自分の無知に気づけない知能の低さ。

どうしてこんな愚劣な人間が国会議員なんかになっちゃってるんだろう、と目まいがします。

最近、コイツのブログがひどいので、いくつか取り上げて批判したいと思います。

グラフのとおり、財政再建は関市政の時から始まっている事実があります。その後、平松市政に、橋下市政に継承されているのです。
橋下市政の今は、過去によってもたらされているのです。


過去の大阪市政に謙虚であれ!!!




財政再建は流れができれば、後は何もしなくても進むものだと思っているようです。アホか。

関さんも平松さんも橋下さんもガンバったんだよ。もちろん市長だけではなく、多くのスタッフがガンバった結果なんですよ。

さらに、橋下市長は「隠れた借金があった。これを減らし、もうすぐ無くなる」と主張しています。

大阪府は、橋下知事就任(2008年)前まで粉飾会計をしていました。(■ピンク色の部分を隠していました)


長尾が提示しているグラフにはこれが含まれていません。反論もしていません。

そもそも長尾は大阪に何の縁もなく、前回の衆議院選挙のときに自民党の落下傘候補して大阪に来た人間です。

小選挙区では落選し、比例で復活当選させてもらった人間です。

大阪のことを何も知りません。支持もされていません。

そんな議員がなぜこんなにトンチンカンな理屈で偉そうに大阪のことを語るのか。まったく理解できません。

謙虚にならなきゃいけないのはオマエだバカ。

慰安婦問題、南京問題、大阪都構想



もうこれなどはタイトルだけでバカがわかります。

過去の問題と将来の話をゴチャゴチャにしています。

一か所似ていれば「これは同じ性質だ!」と思い込む、バカの典型です。

カブトムシにはハネがある!ペンギンにもハネがある!だからカブトムシとペンギンは同じだ!

そんなバカなことを偉そうにブログに書いちゃう国会議員、それが長尾敬です。

長尾はこれまでにもトンデモ発言をしています。といいますか、トンデモ発言しか出てきません。

その中でもピカイチのトワイライトゾーンが無戸籍問題での発言です。

「はっ? それは多様性とは言わず、セックスを我慢できなかったからじゃないの?それさえ我慢すれば、無戸籍の子供の殆どは生まれなくなる」


無戸籍問題の筋違い



他人のセックスに口を出す下劣さ。「多様な事情」が理解できない世間知らずさ。

どうしようもない大人です。

世の中には、いろんな人がいて、いろんな事情があります。

わかりやすい例を出せば「DV被害から逃げていて離婚手続きができない女性」です。

法律上の夫から逃げている最中、守ってくれる人に出会った。でも相手の問題で法律的な手続きができない。こういう女性が存在することに、長尾はまったく気づかないのです。

これが居酒屋でクダを巻いてるオッサンの発言なら笑ってスルーしますが、なんと国会議員の発言です。

国会議員は、世の中をよくするために何かをするのが仕事です。

「ルールを守らないヤツが悪い」で済ますなら、国会議員なんざいらないのです。さっさと辞めろ。

無知、無恥、無能。

議員どころか、社会人としてすら疑問符のつく大人、長尾敬。

数年以内に消えてくれることを願います。

【 2015/11/05 (Thu) 】 政治 | TB(0) | CM(0)

子どもの背伸びを利用する汚い大人たち

酒もたばこも高校生のころに覚えた皆川です。申し訳ありません。

高校生が酒やタバコを覚えて「ビールはアサヒが一番だよな~」とか「やっぱマルボロだよ!」とか言ってるのを聞くと生暖かい気持ちになります。

オマエラ、他の酒やたばこをどんだけ知ってんだ、と。

いえ、高校生のころと言えば背伸びしたい盛りです。背伸びして頭を打って成長する時期です。彼らを笑ってはいけません。私も通ってきた道ですから。

若者の背伸びは成長につながる大事な儀式です。

暖かく見守るのが大人の務めだと思うのです。

こんなことを考えたのは、最近に若者の背伸びを見る機会があったからです。

私たちの目標は、設立理念でもある"この国の戦後70年間の自由と民主主義の伝統を尊重し、日本国憲法の価値を守ること"に変わりはありません。


【詳報】"野党共闘"で統一候補が出れば応援も〜SEALDsが語った、今後の活動と「日本の民主主義」 (1/3)



これはね、恥ずかしいですよ。

何十倍もの知識、何十倍もの社会経験を持つ大人たちに向けて、彼らは言います。

しかし、その協力の形が段階的なものであるということも承知しています。市民社会の側も、観客席からただ野党を揶揄、罵倒するだけでなく、どのようにしたら野党の選挙協力が実現できるのか、その問いを引き受けて、一緒になって盛り上げていくことが必要だと思っています。次の選挙に向けて、政党の方々だけでなく、市民社会の側もどのように協力できるのか、どうすれば選挙で勝つことができるのか、時には叱咤激励して、社会に訴えていきたいと思います。



野党の選挙協力なんぞ、ただの野合です。

少数の支持しか得られない勢力が集まって、多数の支持を集める勢力を倒そう、というのです。

この人たち、民主主義って何かを知りません。

しかも、この人たちの言う「市民社会」には私が含まれていないようです。市民として認めてもらってないようです。

彼らは大層な言葉を並べて、市民の代表といわんばかりの態度で、正当な選挙結果を否定します。「言論暴走族」です。パラリラパラリラ♪

ですが彼らを批判する気はありません。若者とはこうしたものだと思いますから。

私はSEALDsを批判しません。大人は遠くからこれを見守るべきなのです。

しかし、批判されるべき大人たちはいます。

SEALDsを担ぎ上げ、客寄せパンダにし、おだてあげて利用している大人たちです。

彼らは狡猾です。巧妙にSEALDsを利用し、世論に影響を与えようとしています。

さらに将来、自分たちの勢力に組み込める予備軍とも考えているでしょう。

SEALDsの若者たちは、この包囲網を脱出する力を持っていないでしょう。

彼らは将来、少数の人しか支持しない社会正義を背負って、いらぬ苦労が多いばかりの活動家へと祭り上げられていくのだと予想します。

唯一の救いは「来年の参院選の後に解散する」と明言していることです。

言葉通り解散することを願います。

そのまま続ければ、確実に活動自体が目的となって、誰も幸せにできない社会活動家へと堕ちていくことでしょう。

解散したとしても、彼らの周りにいる大人たちは、彼らを離さないでしょう。

彼らは優秀な手駒なのですから。


SEALDsのみなさん、まだ若いうちに政治に関心を持ち、行動にまでつなげていく実行力はたいしたものです。

このままちゃんと成長していけば、おそらく立派な大人になるだろう、と思います。私なんかよりも。

なのに、なのに、と悔しく思います。


「日常に帰れ」と忠告してくれている大人がいるでしょう。この言葉は響きませんか。

響かないのでしょうね。今の「特別な日々」が心地よいのでしょう。

なるべく早く日常に戻ってくれることを、そして一市民としての人生をスタートさせてくれることを願ってやみません。

あなた方はまだ社会人ですらないのですから。

【 2015/10/30 (Fri) 】 政治 | TB(0) | CM(0)

「手続き」を知らない人たち

結果には責任を持ちますが、そもそも結果が出ないことが多い皆川です。こんばんは。

さて、維新の党が分裂しまして、大騒ぎになっておりました。

現時点ではもうおそらく大阪側の圧勝と見られます。

対して東京側はほぼ沈黙しているのですが、柿沢さんとやらだけが吠えているようです。

党首を退任しても党の政治路線やカネの分配といった話をその人の一存で決められる、いわば私党と勘違いし続けるものなんだなあ。



橋下氏なのだが、大阪の皆さんがすり寄ろうとしている安倍政権の、原発とエネルギー政策についてはどういう見解をお持ちなのだろうか。



何者にも邪魔はさせない。そして口汚い低次元の者と同じレベルに落ちる事はない。



絶望的に状況を理解しておられず、失笑ものです。

特に最後の記事はもう何を言いたいのかわかりません。そうとう錯乱しておられる様子です。

さて、結果はさておき、道理はどちらにあるのか、という話をしたいと思います。

モメたときってのは、どっちもどっちなんです。どっちか一方が100%悪いなんてこと、ありません。

どっちかが何かやれば、受ける方も防御したり、やり返したりするんですから。

ですが、今回について言えば、東京側に非があるでしょう。

なぜかと言えば「本人の意思確認もなく大量の党員を除籍した」ためです。

これ、無法行為です。

例えばサークルに入ってて、リーダーが変わったら、その人が「ああ、コイツたぶん辞めるよ」ってアナタを辞めさせたようなもんです。アナタに何も聞かずに。

これだけ横暴なことやれば、そりゃ信任を得られないでしょう。

松野執行部は、自らがやっていいことと悪い事を理解していなかったようです。

他にも「自分で自分の任期を延ばした」という訳のわからないことをしてしまいました。

こんなことあり得ません。もしこれがアリなら、一度受任してしまえば気が済むまで永遠に任期が切れないようにできるということです。

「そもそも任期延長を言いだしたのは橋下氏だ!」って言ってるけど、手続き踏まなくていいなんて言ってないんじゃないの…?

自らを「全権を掌握した王様」とでも勘違いしていたのでしょうか。

全体的に松野執行部側の人たちは「手続き」というものを理解していないように見受けられます。

これはもう政治家としてダメでしょう。
【 2015/10/27 (Tue) 】 政治 | TB(0) | CM(0)
リンク